やむをえず守山くんの家に泊まったデートの日から。




彼の前で泣いたからか。




あまり人に話したことがないことを話したからか。





殴られたことがばれたからか。






私はもう彼としゃべることが怖くなくなっていた。






何故か向こうも話しかけてくることが目に見えて多くなって。








うれしい反面、私はとても困っていた。








この作品のキーワード
家庭内暴力  不良  学園恋愛  弁護士  1人暮らし  家出  ピンク14