私はあれから…

友達が誘ってくれても合コンに行く気にはなれなかった…


なんだか、後ろめたい気分があるから・・・


合コン費用もそれに行くための服も…

全部彼からもらっているものだから・・・


それに、あの日の拓海さんはいつもと違う感じがしたから・・・

私を妻だという彼。間違っていはいないけど、どうしてだろう。


彼から、初めて、妻として私を他人に話したような気がいしていた。

この作品のキーワード
副社長  結婚  俺様  金持ち  御曹司  大学生  純愛  許嫁