俺は今日、初めて会った女に『プロポーズ』をした。

どうして、そんな事になったかと言うと……。



―――――――数日前。


山吹圭介と言う、大学時代の先輩から電話で

とあるファミレスに呼び出された。


突然呼び出される事は頻繁にあった為、

気にも留めないで、俺は待ち合わせの店へ向かった。


「なぁ、隼斗。お前今でも『嫁探し』してんのか?」

「は?いきなり何ですか?……圭介さん、もしかして酔ったんですか?」


彼は仕事上がりという事もあり、

既にビールを2杯ほど飲み干していた。


「フッ、ちげぇよ。俺がお前に女を紹介してやるって話」

「はぁ……。つーか、俺もう、遊びの女は要らないんで」


俺はストレートに断ろうとした。

すると、


「バーカ!誰が遊びの女を紹介するって言ったよ」

「へ?………じゃあ、どういう?」


彼の話の意図がサッパリ解らない。


『夜の帝王』と呼ばれるほどの遊び人の彼の口から

『女』と聞いたら、『遊べる女』と解釈して当然だ。


なのに、今、『違う』と言ったか?

…………言ったよな?


俺の脳内は軽くフリーズした。

だからこそ、彼の真意を探るべくじっと見据えると、


この作品のキーワード
家元  イケメン  結婚  条件  可愛い  御曹司  処女  初恋  同棲  花嫁