「…ごめんね。」


ごめんね。


ごめんね。



ピエロさんは何度もそういうだけで、
私の顔を見ようともしてくれなかった。



「何が?」


「みおの気持ちも考えずに連れ出しちゃって。」


「・・・。」


「より、戻せるとこだったのに。」