「…というスケジュールです。章人専務、よろしいですか?」


「ああ、いいよ。ありがとう」


いつもと変わらない朝、あたしは“秘書”として専務室でスケジュール確認をする。


あれから朝まで、体を重ね合っていたあたしたち。


だけど、心だけは重なっていなかったと思う。


それが切ないけれど、そう思ってはいけないんだ。


「美月、ゆうべは情けない姿を見せてごめん」


「いいえ。それは気にされないでください」


照れ笑いをする章人に、あたしも笑顔を返す。


男の人が泣く姿なんて初めて見たから正直動揺したけれど、そのせいで恋をする気持ちは大きくなった気がする。


それに、寂しさを埋めたくて、抱き合うのは一緒だから。


章人だけを責められない。


「今朝は、アメリカ支社の方も来られるんですよね?」


気を取り直す様に、あたしは手帳に目をやった。


「そうなんだ。大事な戦略会議でさ。時間に遅れるといけないから、もう行こう」


そう言って、章人はペンを胸ポケットに刺すと席を立つ。


こういう身のこなしは惚れ惚れする程で、あたしも負けじと専務室のドアを開けた。


「美月、ドアくらい自分で開けられるって言ったろ?」


「ドアくらい開けさせてください」


そう反論すると、章人は小さくため息をついた。


「美月らしいな、そういう言い方は。だんだん慣れてきたよ」


困った様な顔で微笑んだ章人の横を歩き、会議室のあるフロアへエレベーターで向かったのだった。




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。