「絢、本当にありがとう。あの夜、社長と章人に話してくれたんでしょ?」


やっと直接会うことが出来て、あたしは遅いお礼をした。


今日は久しぶりの役員会議。


あたしは絢に会う為に、社長秘書室へとやって来たのだった。


「いいわよ、そんな事は。私は知っていたから、美月を助けて欲しいと頼んだだけ」


涼しい顔で、あたしに笑顔を向けた。


「あたしね、最初は絢と何かあるんじゃないかって思ったりもしたの」


「ええ?やめてよ」


絢は顔をしかめて、わざとらしく言った。


「だって、唯一、絢にだけは心を開いてるぽかったから」


「それは、私が蒼衣さんの話を聞いていたからよ」


「そうなんだ…。よき相談相手って事だったのね」


そう言うと、絢は頷いた。


「そういえば、蒼衣さんの事はちゃんと話し合えた?それだけが気がかりなんだけど」


「う~ん。話し合えたってほどではないかも。ただ、今度ある結婚式には一緒に行って欲しいとは言われたんだけど…」


正直、緊張するな。


蒼衣さんに会う事もだけど、章人の反応を見る事にも緊張する。


「結婚式に?そうなんだ…。でも、そう言われたなら、きっと専務も前向きになれているのかもね」


「うん…」


そうならいいな…。


ずっとトラウマだった章人の家庭の問題も解決出来たし、これで何の悩みもなく章人と付き合えるかな…。


だと、いいんだけど…。




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。