…………
………


信じられない!


専務の仕事が、こんなに肉体労働だったなんて…。


お昼から、スケジュール通りに仕事をこなしているけれど、とにかくハード。


ただのお偉いさんに会うだけかと思いきや、新しく建つ建物の見学があったりと、予想外の仕事が多い。


「はい、ヘルメット着用ね」


工事現場監督と言われる50代の小太りなオジサマから、愛想良く手渡された。


こう見ると、同じ50代の社長は、やっぱりカッコイイ部類に余裕で入る。


監督は、したたり落ちる汗を肩にかけたタオルで拭きながら、一生懸命何かを専務に話している。


天井を指差したり、それをまた専務も、真剣な表情で聞いていたのだった。


それにしても、ヘルメットってどうやってつけるのよ。


被ったはいいけど、ベルトの止め方が分からない。


モタモタしているあたしに気付いて、専務は呆れ顔をすると手を伸ばしてきた。


「ったく、世話が焼けるな」


顔は現場監督の方を向き、手だけベルトを掴んであっという間に止めてくれた。


“ありがとうございます”


を言いそびれるくらい、話に夢中の専務の背中を見ながら、あたしは少しドキドキした。


素っ気なくて冷たい人かと思ったら、優しい一面を見せてみたり…。


初めて会ってたった数時間で、こんな風に人の心に入ってくるんだもん。


少しだけ分かる気がする。


何で浮いた話が多いか…。




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。