「おはよう、美月」


朝日の眩しさより先に、専務の優しい声で目が覚める。


「う…ん…。おはようございます…」


まだまだ重たいまぶたが半分開いた時、専務の唇があたしに重なった。


「ん…。まだ…、眠たいです…」


「すぐに眠気なんて吹っ飛ぶよ」


チラッと確認した時計では、いつもより1時間早い。


専務ってば、まさかヤリたいだけに早起きしたのかしら?


夜と変わらない優しいキスに身を任せていると、言われた通り眠気は飛んでいく。


それまでは、半分夢心地だったあたしも、いつの間にか甘い声が漏れていた。


「美月、ゆうべ何で泣いてたんだ?」


「え…?」


専務は体を重ねたまま、あたしにそんな事を聞いてきた。


「な、何でもないんです。だから、気にしないでください」


あたしはほとんど何も考えられないのに、なんで冷静になれるんだろう…。


こんな時ですら、余裕があるのは、やっぱりあたしを本気で抱いていないから?


そう思っていたのに、専務の次の言葉で、あたしは重なり合う体を離せなくなってしまった。


「こうやって抱く事で、少しでも美月の寂しさを埋められるなら…」


「章人専務…」


あたしは専務を抱きしめながら、今までにないくらいの甘い声を出す。


きっと、何かに気付いてる。


専務は、あたしの何かに気付いてる…。


どうして、分かったの?




この作品のキーワード
俺様  専務  御曹司  イケメン  秘書  オトナ女子  オフィスラブ  地味OL 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。