――「藤崎くん。
……札幌支社だ。予定は二週間後。
ここでのノウハウを明確に伝えて来てくれ。
誰にでも出来る事じゃない。
普段から丁寧な仕事ぶりの君が一番の適役だ。
頼んだぞ」

今日は珍しく鬼の伊東課長が優しい声で俺を呼んだ。

しかし。……札幌…。
千歳は何と言うだろう。


……きっと怒ってこう言うだろう。
『信じられない!引き受けたの?!
何でも引き受けるな、ってあれほど言ったでしょ?!』

「はあ……」

俺は深いため息をついてデスクに戻った。







この作品のキーワード
同僚  肉食  草食  元カレ  嫉妬