冷たくて、ねっとりした、そんな嫌な視線が私に向けられる。


思わずその気持ち悪さに、私は顔を顰めそうだったけど、そこは我慢。


持ち前の美貌と、誰よりも上手くなった作り笑みで、その場を凌いだ。



「本当、凛堂さんの娘さんは御綺麗ですね」


遠くから、知らない女性の声がする。

鳴呼、鳴呼、嫌嫌。


この世界は、“お世辞”と“偽り”で出来ているのだ。


取り合えず、私は声のした方を見遣り、微笑んだ。



「いえいえ、うちなんてまだ、子供ですから・・・」


今度は、生意気な声色の、しゃがれた声がした。


私はこの声が大嫌いだ。

鼓膜をずるりと這って、頭の中に残る声。


私は席を立った。

視線が私に絡んで、そしてそれを振り切るように、私はそこを出た。



(あぁ、もうやってられない)


扉を閉めて、心でそう思う。


この作品のキーワード
結婚    許婚  溺愛  禁断  年の差  秘密  恋愛  年上  社長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。