□ □ □



その夜、私は要の家に行った。


帰ってきた緑さんは“あと一週間したら、私に報告しなさい”と、早速千崎に会ったようだし、状況は泥沼状態。



「・・・・・・・・梓、・・・・・」


要の部屋は暗い。

いつも机で要はパソコンとにらめっこをしている。



「・・・どうだった?」

「要・・・・・・・・・・・」


優しく笑いかける要は、そのまま部屋に鍵をかけた。



「会ったんでしょ?緑さんの言う、“新しい婚約者”に」


要は私の手を引いて、ソファに座らせた。

要の哀しげな表情が胸に突き刺さる。




この作品のキーワード
結婚    許婚  溺愛  禁断  年の差  秘密  恋愛  年上  社長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。