ドアに埋められた窓ガラスの向うを、風景が通り過ぎていく。

灯里は玲士の胸に寄りかかり、窓の外を流れていく景色を眺めていた。


――――東京までは3時間。

ずっとデッキに立ちっぱなしというわけにもいかないが、今はなんだか離れたくない。

そう思っているのは玲士も同じらしかった。

寄りかかった灯里の髪を、玲士の指が愛しげに梳く。


「しかしお前、本当に後先考えずに行動するよね……」


低いテノールの声はいつもと同じ響きだが、……少し甘い。

灯里は玲士の腕の中でキッと顔を上げ、口を開いた。


「しょうがないでしょ! 時間なかったんだからっ」

「メールとか電話とか、いろいろ方法はあるでしょ。何のための道具なの、それ?」

「……っ」


灯里はうっと言葉を詰まらせた。

玲士の言葉は正論過ぎて何も言い返せない。

確かに考えてみればそうだが、あの時は焦りのあまり電話を掛けるなど考えもしなかった。


この作品のキーワード
イジワル  独占欲   すれ違い  運命   再会   婚約   溺愛  切ない   イケメン  毒舌