「万里子、今のわざとだろう?」

「ばれちゃった?」


生成りのワンピースがふわりと揺れ、窓際で万里子は微笑んだ。

卓巳は宗に夕方五時までには戻るように伝え、雪音と共に社長室から追い出した。社長夫人のひと声に秘書室のふたりはすごすごと引き下がる。


朝美の思わせぶりな言動に、宗はそんなはずはない、と否定していたが……。

今ひとつ、女性関係については信用できない男だ。あの様子だと、香織にも手を出していたのかもしれない。


万里子はどこまで気づいたのかわからない。だが、あのまま雪音との仲を応援してよいものだろうか?

卓巳がそんな思案をしていると、


「雪音さんは宗さんのことを愛してるわ。宗さんも……だから」

「宗はあのとおりの男だぞ。雪音くんを幸せにできるんだろうか?」


万里子はクスッと笑って、


「卓巳さんて、お父様みたいな心配をするのね」


この作品のキーワード
愛を教えて  秘書  嫉妬  浮気  年の差  サスペンス  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。