「まったく、呆れた奴だ。遅くなったうえ、ケーキも買わずにどこまで行っていたことやら」


ため息混じりに卓巳はつぶやいた。


(……三度目だ)


宗は卓巳のため息を数えながら、黙って小言を聞く。反論などできるはずもなかった。


「万里子は雪音くんと仲がよいから文句は言わんが……。中澤くんとのことはどうなってるんだ?」

「解決に向けて……鋭意努力しております」


そのまま、深く頭を下げる宗であった。


万里子が本社を訪れたのが昨日のこと。

宗は雪音を部屋に連れ込み、時間ぎりぎりまで楽しんだ。結果、ふたりがケーキ屋に駆け込んだのは、昼の三時を回ってしまい……。

行列ができるほど人気のケーキ屋である。すでに、テイクアウト可能なケーキはすべて売り切れたあとだった。

まさか、宗のマンションに寄り道して……色々していました、とは言えない。『道が混んでいて、並んだのですが』そんな見え透いた言い訳を、笑って許してくれたのは万里子だけだった。


だが、そのことより、当面の問題は中澤朝美だ。

彼は朝美の真意を確かめるため、退社直前の彼女を呼び止めた。


この作品のキーワード
愛を教えて  秘書  嫉妬  浮気  年の差  サスペンス  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。