「ユキ! ねぇ嘘でしょ? 嘘って言って」


三日連続の深夜残業だった。

ようやくゴールデンウィークまでに仕事を済ませる目処がつき、ホッとして最上階のエレベーターホールに立ったときのこと。ふいに背後から声をかけられた。

志賀香織である。

いつものお堅い表情を崩して、まるで情事のあとのように切羽つまった顔で宗に詰め寄った。


「志賀くん。いったいなんの真似かな? こんな遅くまで、君が残っている用事はないはずだよ。勤務終了後は速やかに退社しなさい」


宗は極めて他人行儀に返した。


「どうして? どうして中澤さんなの? あの人の実家は普通のサラリーマン家庭でしょう? 私とそう変わらないはずよ!」


どうやら早速、朝美は行動に出たらしい。

その素早さに思わず感心する。


「俺のような男が結婚を決める理由なんて、ひとつしかないと思うんだけどね……」


宗は思わせぶりな言葉を、しれっと口にした。


この作品のキーワード
愛を教えて  秘書  嫉妬  浮気  年の差  サスペンス  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。