「美樹さん。香水つけてる?」


デート中、亮が訊いてきた。


「え、ダメだった?」


「いや……あ!ねえねえ」


言葉を濁す亮は、近くのショーウインドウで足を止めた。


振り返る彼と視線を合わせず、私はウインドウを見遣る。


「この指輪、綺麗だね」


亮が指をさして、ガラス越しに覗いてきた。今度は、ちゃんと視線を瞳に貼りつける私。


途端、背筋の下から上へ快感が這いのぼって。



「んっ……いい、ね」



体に力を入れ、誤魔化すように頷く。そうでもしないと、立ってられない。


私は、瞬きでちらつく視線の残像を必死に払った。



――覗かないで……今は。



思えば、亮と出会った2ヶ月前からだ。


珈琲店で働く25歳の私が、靴屋へ注文の品を届けに行ったとき。しゃがんで品定めしていた大学生の彼が、


『モカ、いい匂い』


縦長の鏡越しに寄越した上目使い。


ゾクッとした。


直接目を合わせるのとは違う感覚が癖になって、以来、彼の間接的視線で覗かれる度――。

この作品のキーワード
密フェチ  ミステリー