――ずっと見てたその指先。



繊細で綺麗で、なのにくっきり浮かぶ手の甲の青い筋。
それが男の人って感じで、色っぽくて。

私なんかよりもずっと長くてたくましいそれに、いつも触れたくてしょうがなかった。



「松井、まだいたのか…」



誰もいないオフィスにあなたの声が響く。

クールで有名な主任の瞳が真っ直ぐ私の視線に伸びてくる。


「あ、はい……。どうしてもこの資料だけは今日中にやっておきたくて…」


ふいに主任の手に向ける。


長い指…

資料を持つさりげないその仕草にも、一瞬目を奪われそうになってしまう。


「あの、ここがよく分からないんですけど、少し見てもらってもいいですか?」

「……ああ」


もっと近くで見つめたくなって、嘘をついた。


誰もいない静かなオフィス。


今日だけ、

ほんの数分でいいからもっと近くで感じたい……


この作品のキーワード
密フェチ  上司    両想い