「バカみたいだよなぁ。超つまんねぇ」


バカはあたし。
ずっと、ずーっと同じ事を考えてる。


「遥?」


2人で借りてきたDVD。床に座って映画を観ていた幼なじみがいきなり振り返った。


「え?……えーと」


やばい。
映画なんて全然観てない。
あたしが見てたのは……彼だ。


「また寝てたんだろぉ。お前が観たいっつったのに」

「お、起きてたってば!」


慌てて否定してみても、彼にはお見通し。
呆れたようにため息をつくと「ま、いいけど」ってまた映画をながめだした。


……よくない。
ちっともよくないし。


深夜をとっくにまわって、年頃の男女が2人きり。
薄暗い部屋にいるっていうのに、いい雰囲気どころか、呆れられてしまった。

この状況をなんとか打破したい。
『幼なじみ』の枠から脱却したい。

その思いを込めて、彼の後姿を見つめていた。


「……」

「……」


映画の世界は甘美なものだった。愛し合う2人。
艶かしい身体が揺れていた。

話をするのも変だし、かえってずっと無言もおかしい。
でも……あたし達はかたずをのんで、画面を見つめていた。

この作品のキーワード
密フェチ  幼なじみ