「斎木さんって肌綺麗だよね」



「変態」



「鎖骨の形も綺麗」



「それセクハラだから」





居酒屋のカウンター。



並んで飲む相手はライバル会社の営業。





こんな所会社の人間に見られたらマズイ。



そう分かっているのにまんまと誘いにのってしまったのは。





「斎木さんだっていつも俺のこと見てんじゃん」



「違う。私が見てるのはアンタじゃなくて……」





否定を照れ隠しと捉えたのか、喉の奥で小さく笑ってジョッキを呷る彼。



ゴクリと喉仏が大きく上下する。





そう、この喉仏。



ほどよく主張しているこの喉仏を通って出される声は、耳の奥深くまで浸透して私を溶かす。





この喉仏をもっと見ていたいから。


この作品のキーワード
密フェチ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。