同じ大学の優馬先輩。

ただの憧れだったけど、文化祭の実行委員になったのをきっかけに絡むことが多くなった。

優しくて、男女平等に接してくれる先輩はみんなの人気者。
先輩の笑ってできるえくぼや、目のしわまでもみれることができるのは私が本当に運がいいから。

今まで恋愛体験したことない私の、精一杯の片思い。

「なあ、亜紀ちゃん?そのマジックとって」
「は、はい!」

あと一週間後にせまった、文化祭。
汗だくになりながらも、みんなをまとめて準備を頑張る先輩の姿に私は1人ドキドキしていた。

荷物を持ち上げたときのたくましい筋肉、汗を拭う腕、半ズボンから出たふくらはぎ、最近ちょっと伸びてきたヒゲ…

挙げたらきりがないくらい、先輩には魅力的なところがたくさんある。

でも…1番好きなのは…

「亜紀ちゃん?」

名前を読んでくれたときの、唇。



私ってば、やっぱりおかしいのかな?
あのちょっと薄くて、ほんのりピンクの柔らかそうな唇で、名前を呼ばれると、背筋がゾクゾクとした感覚になる。

あ、また…

「…は、はい?」

「疲れた?さっきからぼーっとしてるけど…」

「だ、大丈夫です!」


ほら、その顔も反則。男の人を可愛いと思ってしまう私もバカだけど、こんなのズルいよ。


「ほんとか?じゃこれは俺がもらっちゃおっと~」

そう言って先輩はアイスを二個私に見せた。

ニヤリと見せた子どもっぽい笑顔もキュンとする。

「え、え~!ズルいです!」

「しょうがねぇなあ~」

先輩はしぶしぶ私にアイスをくれた。本当は二個も食べたりしないってわかってるけど、こんな風に絡むことができるだけで本当に幸せ。


「あはははっ!亜紀ちゃんアイス食うの下手じゃね?」

ポタポタと垂れるアイスと格闘していると、先輩が呆れたように笑っていた。

「だ、だって溶けるんだもん!」

手にもくっつくし、ベタベタ…
焦ってペロペロなめるけどこの日差しの下では、そんなので間に合わない。
はあ、先輩の前で最悪…


「…でも」

「はい?」

「その、唇最高だな」



…先輩…なんて?


「…せん」

聞く前に、私の唇は塞がれていた。
冷たくて、溶けたアイスじゃない



熱い熱い、先輩の唇で。

ああ…アイスなんかよりもこの熱で私が溶けてしまいそう…


「…甘いな」

先輩はペロリと自分の唇を舐めて、そのあと私の唇も舐めた。

うん…甘い。
アイスなんかよりも、このキスは…

私を溶かす、媚薬だ。








この作品のキーワード
密フェチ  キス  甘い  先輩  大学生  片思い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。