会議室の机に肘をついて、重ねた腕の上に頭を臥せる。


「―――エロいな…」

お尻を突き出すような姿勢を取らされた私。


後ろに立つ彼の視線の先は、腰まで捲れ上がった私のスカートの中。

黒いショーツと、お揃いのガーターベルト。

この作品のキーワード
密フェチ  肉食  腹黒  切ない  鬼畜  イジワル  狂愛  秘密  オトナ女子  同僚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。