キーボードを叩く音が軽快に響く。

 その音を合図に、隣の席の彼を盗み見する。
 真剣な眼差しで画面に向かう彼は、私より一つ年下の新人君だ。
 彼は、童顔に加え語りもソフトなので、既に職場のアイドルだった。


 そんな彼のキャラと唯一合ってないのが、その手首だ。




この作品のキーワード
密フェチ  秘密  ギャップ  OL  独占欲  腹黒  切ない  策士  年の差  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。