「今日から佐藤さんの下に配属されました!青木孝仁です!よろしくお願いします!」

「ん、席は私の隣よ。これからしっかりね」


4月初旬。

私のチームにやってきた彼は、カクカクにしゃちほこばっていた。


新人の中でも一際元気で、仕事も丁寧で。

期待、してた。
だから、可愛がってたの。




―…部下、として。


ただそれだけだった…はずなのに。




この作品のキーワード
密フェチ  会社  OL  年下  タメ口