「あなたのことが好きです」

熱い真摯な眼差しに、私は射竦められて立ち尽くした。

会議の後片付けをしていた会議室に、入ってきたのは二つ下の後輩---


「オレと付き合って下さい」

アスリートのようなガッチリした体格の上の少年のように緊張した表情。

「…あの、松下君」

「三崎さん、今彼氏、いないですよね?」


---彼氏…

『あの人』は彼氏なんだろうか?

ただ体の一部だけで繋がり、熱を交換するだけの関係。

抱きあうどころか、キスさえ交わしたことのない関係。

私は俯き、そっと唇を噛んだ。

この作品のキーワード
密フェチ  不器用  泥沼  浮気  片想い  切ない  誘惑  裏切り  すれ違い  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。