カーテンの隙間から射しこむ陽光が顔に降り注がれて、そのまぶしさに耐えられず目を開ける。

すでに頭上にある太陽が、お昼を過ぎていることを伝える。


まだ覚めきらない重い瞼をこすりながら、気だるさの残る体をなんとか起こす。



隣に視線を向ける。

そこに彼の姿はない。

真面目な彼はきちんと起きて、仕事に行ったんだろう。


すっかり熟睡しきっていた私は、彼がいつベッドを抜けだしたのか、知らない。

物音を立てないよう、私を起こさないように気を遣ってくれたに違いない。



白いシーツを引き寄せて顔を埋める。

まだ残っているはずの彼の匂いを感じたくて。

彼がつけている香水の匂いも。


彫の深い顔立ちの彼によく似合う、南国へといざなうどこかエキゾチックな香り。

まるで彼のためにあつらえられたような香りだ。


何年か前の誕生日、私が彼にプレゼントした。

彼はとても気に入って、ことあるごとにシュッとひと吹きしている。


肺の奥深くに届くように思いっきり吸いこむ。



……ああ、この匂いだ。


汗も、体液も、香水も、何もかもがひとつに溶けて混ざりあった匂いは、彼独自の匂いを作りだして発する。

それはなんともいえず、夕べの記憶を鮮やかによみがえらせて、甘美な世界へと再び舞い戻していく。

この作品のキーワード
密フェチ  匂い  香水 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。