いつものようにメルセデスで登校した。

いつもと違うのは、校門の前に【入学式】の看板と校門に立つ1人の女。

『おい』と声をかけると振り返る女。

匠が質問したが、謝って校舎に逃げた。

俺達はいつもの場所に行くと、匠の女の真帆がいた。

「おはよ。匠、斗輝。」

「おはよ。真帆。」

俺は『あぁ』と言って、3人でいるとドアが開き、女が入って来た。

「あの子、勝手に入ってきたけどいいの?匠。」

「あっ、あの子さっきの…」

「さっき?」

「新入生だろうけど。俺達の事、知らなかったんだよ。」

3人で見ていると、空に何か呟くと涙を流して泣いていた。

とても綺麗な涙に心奪われた俺。

きっとこれを一目惚れって言うんだろうな。

「斗輝、匠、あの子、どうしたんだろー

何か、辛そうで消えそうな雰囲気だね。

見てるとこっちまで辛い。」

真帆の言葉が離れない。

しばらくすると出て行った。

この作品のキーワード
暴走族  不良  イケメン  妊娠  出産  カッコイイ  結婚  御曹司  ピンク13 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。