「……もっと鳴けよ」



愛しいのは、この声。



少し鼻にかかっていて、


低くて、


殆ど抑揚がないくせに絶妙な甘さを含みながら中に入ってきて、


私の奥から、


言葉になりきらない吐息とか、


蜜とか、


恥ずかしいものをとめどなく溢れさせる。



口数の多い人じゃない。



だからこそ余計に、その声は私を幸福にし、


翻弄し、


そして、駄目にする。


この作品のキーワード
密フェチ    プロポーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。