そんな思いとは裏腹に…

こなさなければならない仕事は山ほどある…

仕事と思ってやってはいるが…

同じ職場にあの男がいると思うと…はかどりゃしない。


最悪だ・・・

私の心の中はこの一言に尽きる。


正直いい男だと思うけど…

あの性格にはついていけない。

あんな男のどこかいいのか…って顔か。

職場の女子はみんな相変わらずキャーキャー言っているし。


まったく、みんな働いてくれ。

私もか・・・


今日は、なんとか今日中の仕事を終えて帰る支度をしていると…
私の肩をたたく人がいる。

「帰る準備してるとこ悪いけど、この書類のことで聞きたいことがあるから、
 こっちへ来てくれませんか?」


何が来てくれませんか?だよ。
昨日はあんなセリフを言った奴が…

なにいい顔しちゃってさ…


『部長、分かりました。』

私も、仕事の顔を貼り付け、部長ことあいつについて行く。

この作品のキーワード
部長  オフィスラブ  部下  溺愛  年の差  上司  過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。