「………………」

帰り道。
あたしと美海の間に、しばらく沈黙が流れた。

陽は…本当に帰ってくるのかな?

「…ねぇ…美海。陽は…あたしのこと覚えてるかな?」

美海は少し俯いてから、口を開いた。

「…葵には、言わなきゃダメだよね」

「…え?」


「陽のこと」

ドクン…
何…?何なの…?

「陽はね、葵が引っ越した後…1回戻ってきたの。葵のことを探しに」

あたしを…探しに?

美海の話には、まだまだ続きがあった。


この作品のキーワード
ひまわり  太陽  手紙      運命    再会  サッカー  10年