田中は真剣な眼差しで俺を見つめると、何かを納得したように頷いてから俺を解放した。

「あ、りがとう?」

 半信半疑で礼を言って俺は先を急いだ。チラッと振り返ってみると、田中は俺にもう一度頷いて見せる。

 ――なんなんだ!?

 もしかしたら田中は俺の気持ちに気がついたのかもしれない。

 自転車を漕ぎながら、ふと俺はそう思った。だが、それにしては何か腑に落ちない態度だとも思う。もしそうだとしたら、いつもの田中ならもっと茶化したように言ってくるに違いない。

 ――もしかして、アイツ、妙な勘違いをしてるんじゃ……

 嫌な予感がした。背筋が寒くなる。

 そう感じたとき、視界に舞と英理子の姿が入ってきた。