膝の上で、無防備な寝顔を見せる彼。

付き合ってから初めて来た、彼の家。


少し前まで、2人でソファーに座ってDVDを見ていた。


「膝枕してあげる。おいで」

自分の膝を両手でポンポンと叩くと、彼はちょっとだけ躊躇いながら身を預けてきた。




眠る彼の優しい表情。

どこか幼くて可愛い。


長いまつげが、彼の整った顔をより綺麗に見せているみたい。

そっと指先を伸ばして、長いまつげに触れる。


…可愛い。


愛しさが胸いっぱいに広がった。



「ん………」

「ごめん、起こした?」


寝返りを打った彼に、まつげに触れていた手を引っ込める。

けれどまだ、眠そうだ。


「あたし、長いまつげ好きなんだよね。
触りたくなっちゃう」

ウトウトし始める彼の目元に、再び伸ばした指先。


「まつげ好きとか言う人、初めて聞いたわ」

小さく笑いながら、あたしの膝から起き上がる。



じっと見つめる先の、彼のまつげは揺れて。

まばたきの度に、そっと揺れて。

無性に触りたくなるの。



「だーめっ」

身を乗り出して触ろうと伸ばした手を、優しい拒絶と共に掴まれる。


「えー、なんでー」

ちょっと拗ねたように言ってみせると、彼は意地悪な笑みを浮かべて囁いた。



「そんなに見られると、キスしたくなる」



「んっ………」




甘く、とろけて、ちょっと意地悪。

彼の舌が、口内を音を立てながらかき乱す。



こっそり瞳を開けると、彼のまつげがそっと揺れた。






この作品のキーワード
密フェチ  まつげ