――その触れ方には悪意があった。


少なくとも僕はそう感じた。


「何ですか?」


意図を測り兼ねて、思わず尋ねる。


「ゴミ」


「?」


「ゴミ、ついてた」


いつもと変わらない冷めた表情。


淡々とした受け答え。


彼女の不敵とも言えるその態度に、僕は一層戸惑いを覚える。


「ゴミ、ですか……」


腑に落ちない様子の僕を一瞥し、去ろうとする。


「あ、あの!」


思わず引き止めてしまった。


僕に向き直る彼女。


言葉を探しながら、口を開く。


「なんで、あんな……」


触り方――。


辿るような。這うような。


ゴミを取るような手つきじゃない。


違う意味があるとしか思えない。


「本当は……」


話す事を躊躇っていた僕をじっと見つめながら、彼女は呟く。


「直接触りたい」


「えっ!?」


言うや否や。


2人の距離をすかさず詰め、上目使いで僕の顔色を窺う。


今の発言でただでさえ落ち着かないのに。


この状況はさらにその気持ちを煽る。


必要以上に近づいた体。


発せられる甘い匂い。


挑発的な瞳。


扇情的な唇。


誰もいないオフィスでこれは……。


危険な感情を誘発する。


この作品のキーワード
オフィスラブ  年下男子  年上女子  密フェチ  草食  肉食  迫る  迫られる  オトナ女子  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。