このたびは、【眠り姫の唇】をめくっていただきありがとうございました。


見切り発車もいいとこな感じで始めたお話でしたが、(なんせ思いついたのが始まりだけ。)なんとか完結出来て良かったです。


前作で男性像にやたら苦労したので、今回はどこまでも好みの男性を書いてやろうと思いまして。

これ我ながら良いアイデアですね(o^∀^o)

キャラをガチガチに頭で考えなくても、元からもんもんしてる妄想でスラスラかけるから(¯∀¯)うへへへって言ってる間に岩城像が勝手に出来ていく…。

なので岩城はびっくりするぐらい書きやすかったです。(その代わり、何度も暴走されましたが。Hも最後まで取っとく予定だったのに…泣。あいつめ。)


コンセプトは、オトナの女性が好きだと伝えるまでっていうのと、言葉より中身が大事よねって感じだったんですが。最後までそんな風に書けたのか謎です。


オトナの恋愛になればなるほど、純粋な好きって難しいんじゃないかなぁとか色々考えたり。

んーまあ自分でもよくわかりません。(オイィ)




気がついたら今まで書いた中でダントツに文字多い。400ページ近く書けるなんて思ってなかったです。





番外編かけたらいいな。


かけたらね。うん。



本当に最後までありがとうございました!





皆様に愛を込めて。



むぐ。






この作品のキーワード
オフィスラブ  オフィス  残業  秘密  年上  無愛想  強引  同棲  むぐ  スーツ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。