「やだっ、ジン!っ、離してっ」


まさに絶体絶命。

荷物のように、軽々と肩に担がれ運ばれる私。

せめてもの抵抗で足をバタつかせ、陣の背中を叩いてみる。


「…これ以上俺を怒らせるな」

陣の、地を這うような低い声にビクンと身を震わせる。



私、なんだか陣の地雷を踏んでしまったみたい。

この作品のキーワード
密フェチ  年の差  甘ロマ  肉食  浮気  大学生  溺愛  独占欲  狂愛  大人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。