私は人気のない場所で、

待ち合わせをしていた。

・・・

危ないことは十分わかっていた。


ひょっとすると、

死んでしまうかもしれない。


でも、

私も秀の役に立ちたい。


・・・


待ち合わせを10分過ぎた頃。


1台の車が私の前に停まった。



窓が開き、

私を見て微笑んだ。



「まさか、琴美から連絡が来るとは、

驚いたよ」



「・・・ゲームを、

終わらせて、ミキヤ・・・

私は参加なんかしないんだから」

この作品のキーワード
特殊  警察官  許婚  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。