「あんまり警察は来てないね。

舐められたもんだ」

ミキヤは鼻で笑いながら、

私を見つめた。


「あんたちなんて、あれだけで十分よ」


・・・

あの中に、秀がいるとは思ってなかった。



「さ、お姫様は、ここで見学しててもらうよ?」


ここは、

××銀行の二階。


なぜか私たちは、

警察に見つかることなく、

今ここにいる。


・・・

椅子に縛られた私は、

身動きが取れなかった。



「ゲーム開始」


鼻歌交じりにミキヤが呟いた。

この作品のキーワード
特殊  警察官  許婚  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。