9月の初め。

第一週目の土曜日。

鈴菜は白のカットソーにサマーカーディガン、茶色い小花柄のマキシスカートという格好でバスに揺られていた。

今日は桜羽大祭の日だ。

能は夕方17時から行われる予定となっている。

今は16時。

着いたらちょうど良い時間だろう。


「……」


能を見に行くのは初めてだ。

それに、祭り自体も行くのは10年ぶりぐらいになる。

鈴菜は祭り会場の前でバスを降り、桜羽神社へと向かった。



この作品のキーワード
先生  禁断  切ない  高校生  運命  和風  再会  秘密  純愛  溺愛