定時を過ぎ、何とか完成した計画案の紙をプリントアウトしミスがないか確認した後、それらをまとめてクリップで挟み部長に提出した。

みんなで話し合った結果、バーベキューはやめることで話が纏まった。


「部長、チェックお願いします」

「あぁ、そこに置いといて」


机には書類の山があり、もうちょっと綺麗にしたらいいのにと。

言われた通り、その一番上に置き自分の席に戻る。


パソコンをシャットダウンし机の上を片付けながらチラリと鈴を見た。


「鈴も終わり?」

「あ、うん。今日は雅治が家で食べるから早く帰って準備しようと思って」

そう言って椅子から立ち上がる。


「そっか、お疲れ」

「お疲れさま。お先に失礼します」


鈴は私に手を振ると足取り軽く総務のフロアを出ていく。

さて、私も帰ろう。


「お先に失礼します」

挨拶をしエレベーターホールに向かう。

今日の晩ご飯は何にしようかな。
冷蔵庫の中を思い出す。


ヤバイな、ろくなものが入ってないわ。
スーパーで買い物して帰ろう、なんて思いながら会社を後にした。

この作品のキーワード
オフィスラブ  OL  草食系  地味  ピュア  恋愛  結婚  飲み会 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。