彼女はキャミソールにショートパンツ。


俺はTシャツで半パン。


楽な格好で今日は一日ごろごろしよう。


そう言ったのは彼女の凜子だったんだけど……。


夕方になって急に。


隣で横になっていた彼女が起き上がった。


「なぁ」


「……」


「なぁて!!」


ぶっきらぼうに話し掛けられ、読みかけの本を閉じる。


「何?」


「自分まさか、このままゴロゴロして終わるつもりか?」


いかにも不満げに顔をしかめる凜子。


「今日は一日ごろごろしようって言ったの、凜子でしょ?」


「アホか! ホンマにそういう意味で言うたんちゃうわ!!」


「じゃあどういう意味だったの?」


「……」


俺のあまりの鈍感さに凜子は閉口した。


この作品のキーワード
密フェチ  同級生  同い年  腹黒  じれじれ  甘ロマ  イジワル  大学生  友達  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。