いっしょに暮らしている人がいると、

玄関のトビラをあけるときには、

家にいる誰かが「いってらっしゃい」と

手をふりながら言ってくれるものです。

子供のころなら、母親が伝えてくれたり、

結婚してからなら、奥さんが伝えてくれたり。


ただ、最近では家以外の場所でも

「いってらっしゃい」と言ってもらえる

シチュエーションは数多くあります。


例えばホテルのロビーでチェックアウトするとき、

朝早くの喫茶店や珈琲ショップでテイクアウトするとき、

「いってらっしゃいませ」と声をかけてくれます。


常連でなくて、一見さんだとしても、

自分を知ってくれているような、

大げさにいうと家族になったような気分になれます。


そういう場面で、見知らぬ人たちからでも

「いってらっしゃい」と言ってもらえると

ちょっと背中越しに自分を待ってくれている誰かが

いてくれるような心あたたかな気分になるものです。


そんな体験がきっかけで、

我が家の日常でも使うようにしています。

できるだけ、「いってらっしゃい」と

「おかえりなさい」という言葉を

大切に伝え合うことを心がけています。


お互いが外へ出かけるときはもちろん、

「いってらっしゃい」「いってきます」

帰ってきたら「おかえりなさい」「ただいま」と

ちゃんとお互いに伝え合うようにしています。

この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。