「好き」になって「よかった」。

というのは、自分自身を肯定する言葉です。


ときどき、恋愛において、

「相手のことを幸せにできているのだろうか」

「相手にとって負担になっているんじゃないか」

と一人で不安に陥ってしまうことがあります。