つまり、そんな風に「知りたい」と

言ってもらえたことが嬉しかったのです。



はじめは束縛されるような気がしたり、

自分の恥をさらけだすような気がして、

なかなか自分を出す勇気が出ませんでした。



だけど彼女はそれでもおかまい無しで

自分のキモチをストレートに僕にぶつけてきました。




何度はねかえしてもそれでもぶつけてくる

彼女のキモチに少しずつココロの氷が溶かされて、

自分のキモチを打ち明けることができるようになりました。




そして、自分のキモチを打ち明けると同時に、

崩壊したココロの氷の中に彼女を入れることができたのです。