ーーーーーーーーーーーーーー

    それがうれしい

ーーーーーーーーーーーーーー




大切な相手が

どんなキモチなのか

そのとき、

そのときごとに、

知りたくなるものです。




昨日の好きと

今日の好きが

まったく別物であるように

うれしいキモチも

毎日、少しずつ増えていきます。



この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話