子供のころの僕たちは、

大人からたくさん「よくできました」の

ご褒美をもらいました。


肩たたきをして、よくできました。

ごはんを残さず食べて、よくできました。

テストでいい点をとって、よくできました。


大人になると「よくできました」と

なかなか言われなくなってきます。


それは大人になったら

「できてあたりまえ」と思ってしまう機会が

増えていくからじゃないのかな、と。


一度できたことは二度できてあたりまえ、

日常的にできていることは次もできてあたりまえ、

という風に思い込んでいるかのようです。


そんな「あたりまえの思い込み」が

自分なりにがんばっていることを、

極端に小さなものとして見てしまう、

クセになっているのかもしれません。


世界一じゃなくてもいいし、

誰かより優れてなくてもいいし、

結果が最高じゃなくてもいいんです。


この作品のキーワード
仲直り  夫婦  同棲  吉井春樹  メール  気持ち伝える  遠距離恋愛  人間関係  会話