「はい」という二文字には、

相手の存在や想いを受け入れる喜びと、

自分の存在や願いを受け入れられる喜びがあります。