そして、弥生ちゃんを含むメンバー達と別れて。

気付けば黄色い彼女だけが、どんよりとした雰囲気をまとって立ち尽くしていた。
その目は瀬尾さんに向けられていて、彼女の瞳に力はなかった。
あの勢いある強気な言葉を投げつけてきた人とは別人のように思える。
ついさっき、瀬尾さんへの思いを本人にぶつけて、そして拒まれてしまった彼女の心は沈みきっていた。

私に向けていた敵意や反発、そして嫉妬。
私に対する重くて暗い感情全て、私への強い視線の中に込めていた彼女だけれど、今はただ俯いて憔悴しているようにしか見えない。

「柏木、タクシーつかまえるから気を付けて帰れよ」

あ、この女の子は『柏木』っていうんだな。黄色いスーツをまとって、かなり高さのあるヒールを履いて、会社ではかなりの人気だろうと予想できる美人。
落ち込んでる今の姿でさえ、すれ違う人の視線を集めているし、魅力的な人だと思う。
社内だけでなく、男性から求められることは多々あるだろうってわかる。

そんな魅力的な女性は、瀬尾さんの会社にはたくさんいるのかもしれない。
部下の人達の言葉からも、瀬尾さんの人気の高さを知るのは簡単だったし、何より今目の前の美女が、瀬尾さんに思い焦がれている。女の人なんて、瀬尾さんにとってはよりどりみどりなんだろうな。
それに、『梓さん』という女性の存在を知らされると、

『あー、やっぱり』

そう思えてきて仕方ない。
私に落としてくれる優しさや、誤解させられそうな甘い言葉。
そして、まるで長く恋人として過ごしていたんじゃないかと錯覚しそうになるキス。
深く熱いキスと、瀬尾さんの体温に包まれる時間に、私の気持ちはぐっと引き寄せられそうになる。

大通りでタクシーを捕まえようとしている瀬尾さんの横顔に、ときめく気持ちは否定できないけれど、それでもやっぱり。

瀬尾さんの胸には飛び込めない。

周りがどれほどの優しさを私に与えてくれても、私が背負っている現実が変わるわけではないし、この先誰とも生涯を寄り添えないという事は、嫌というほど実感している。
今はまだ、私の事をよく知らないから、瀬尾さんだって私に興味を持って近い距離にいてくれるけれど、もしも私が私生児だと、そして父親が誰かも知らないとわかれば。

すぐに私から離れていくに違いない。
悠介と同じとは思わないけれど、たどり着く結果によって悲しむのは私一人であることには違いない。
女の人に不自由していないだろう瀬尾さんが、その中から敢えて私を選ぶことはないと、苦笑しつつ受け入れた。

この作品のキーワード
結婚  裏切り  会社  溺愛  オトナ女子  OL  ピュア  愛される  一途 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。