「で、契約は獲れたのか?」


怒気を帯びた課長の声が響き、営業室の空気が一気に張りつめた。

課長の前に立った男性社員は、肩を萎縮させて俯いている。課長はその姿を、ノンフレームの眼鏡越しに鋭く見つめていた。

涼やかな瞳は苛立ちで曇り、薄い唇はへの字に曲がっている。綺麗な顔が台無しだと、離れた席から見ていて思った。


「いつになく怖いな、課長」

「昨日も家に帰ったの深夜らしいぞ」

「課長は、人一倍頑張りすぎなんだよ」

「すげぇよな、マネできない」


周りに座った社員は、明日は我が身と心配しながらもコソコソと話していた。


この作品のキーワード
密フェチ  課長  秘密  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。