「お待たせー」

千景の車に乗り込んだ。

「そんなに待ってないけどな」

そう言った後、千景は車を発車させた。

車を発車させて少しして、
「少し走ってくか?

明日休みだし」

千景が思いついたと言うように言った。

「…えっ?

別に、いいけど」

急にどうしたんだろ。

急なドライブに訳がわからなかったけど、とりあえず従うことにした。

家とは違う方向で車が走る。

その間、私たちは何にもしゃべらなかった。

特にしゃべることもないから、まあいいんだけど。

キーッと、車が止まった。

ああ、赤信号だからか。

そんなことを思った時だった。

「気にしてるんだろ?」

千景が言った。

この作品のキーワード
クール  セレブ  偽装結婚  大人    じれじれ  切ない  胸キュン  ドキドキ  ちょい甘