『お前の容姿を買ってやる』、と言われた。


あくまで容姿だけなのだ、と。


『お前は見世物だ。奴隷だ。つけあがるな、自惚れるな。容姿以外に、価値など無い』


『私のために尽くせ。跪け』


それはまるで、地獄のようだった。


この容姿のせいで、一体何度地獄を味わっただろうか。

これを誇りに思っていた頃など、とうの昔に過ぎ去った。

今はひたすら、この身体が憎い。

壊してしまいたい。

この顔も、身体も、髪も。

いらない。

こんなもの、いらない。


耐え難くなった少女は何人目かになる主人の家で、使用人の目を盗んで鋭く光るナイフを手にした。

そうだ、壊してしまおう。

もういっそ、この手で壊してしまえばいいのだ。

しかし、少女に気づいた主人の男が、ナイフを取り上げ怒鳴った。

やめろ、と。

そんなことをしても、何の意味もない。

お前の価値はそれだけだというのに、それを壊してどうするのだ、と。




この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。