その様子を見て、青年は少し眉を下げ、困ったような顔をした。


「ごめんな」


一言そう言うと、青年は立ち上がった。

そして、テントへ向かって歩いていく。

きっと、エルガのところへ行くのだろう。

私を買うと、言いに。


私は、しばらくその背中を見ていた。

この隙に逃げるという可能性は、考えないのだろうか。

最も、逃げるだけの気力など残っていないが。


ふと下を見ると、バケツの水と涙で濡れた地面が、視界広がっていた。

濡れた碧色の髪が、輝いている。


…まさに出会いは突然に、舞い込んできて。


私は貴方の、奴隷となった。

















この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。